スタンプディスティニー

中国の切手も切手買取してもらうことができます

切手には日本で使われているものの他に、中国切手もあります。中国切手は日本切手よりも高額切手買取をしてもらえることが多いです。そして、種類も豊富にあり、代表としては赤猿や菊シリーズがあります。その中で赤猿は非常に高額で取引されることが多く、状態がいい場合には10万円以上で取引されます。しかも、日本切手と違いバラでも高額に買取をされていて、シート状になっているとかなり価値があります。理由としては、中国で初めて販売された切手が赤猿であるという部分もあります。そして、菊シリーズも価値が非常に高く、シリーズすべてが揃っていると5万円ほどになります。ちなみに、使われた切手も売ることができる場合があります。そのため、消印が押されているものでも保管しておき、切手買取店で査定をしてもらうことが大切です。そして、査定をしてもらう方法も店舗に持っていく方法の他に、写真を送って判断してもらえるところもあります。もちろん、相場を知るという意味でも活用することが大切です。